オーディオ高額買取3つのコツ:本当は教えたくない買取店のノウハウ

オーディオ機器を売るにはコツがあるってご存知ですか?

ちょっとしたポイントを押さえるだけで何万円も利益を増やせます

買取りを実施する当店としては秘密にしておきたいのですが、今回は特別に高額買取の3つのコツを公開します。

ご自宅に眠っているオーディオ機器を最高値で売りましょう!

オーディオ高額買取のコツ1:付属品はそろえる

お手持ちのオーディオ機器にもし付属品があれば、買取に出す前に揃えておきましょう。

特にリモコンは大事!

リモコンの有無で買取価格に大きな差がついてきます。

年代物のオーディオの場合、メーカー側でリモコンを販売していなかったりします。

そうなるとリモコンだけ壊れてしまう人は困りますよね。

そのためフリマアプリ上などでリモコンだけ取引されていたりするのですが、ただのリモコンが1万円近くで買われることも!

買取の場合も、製品によってリモコン・付属品の有無で1万円以上の価格差が生じます。

みすみす損をしないよう、ぜひリモコンをはじめ、各種付属品は取り揃えておきましょう。

オーディオ高額買取のコツ2:掃除しない

2つ目のコツは、掃除をしないこと。

高額買取のコツとして「キレイに掃除しておく」と書かれていることが多いのですが、実は多少キレイになっても、買取価格はそれほど変わりません。

それどころか、当店のお客様で、お手入れをしようとして機器を壊してしまった方がいました。

あの名機、B&W 803Dのスピーカーをお持ちくださったのですが・・・

買取前にカバーを外し力いっぱいお手入れをしてくださったため、運悪くツイーターに凹みとキズがついてしまったのです!

そうでなければ美品と呼べる状態だったのですが。

簡単に直せる凹みもありますが、今回のものは残念ながら修復不可能。

買取価格を下げざるを得ませんでした。

私共としても悲しいですね。

高く売りたいなら余計な手入れはせずそのままの状態で買取に出しましょう。

オーディオ高額買取のコツ3:相見積もりを取る

高く売る3つ目のコツは、相見積もりを取ること。

その際、オーディオ専門店のみから見積りを取るようオススメします。

家電買取屋さんでもオーディオを取り扱っていますが、こういった専門外のお店にお願いすると数十万円をドブに捨てることにも。

実は家電など通常の電化製品は5年経過すると価値がなくなるとされています。

ですがオーディオ機器は、この範疇に入らないものが多くあります。

年代を重なることで価値を増す、アンティークのような価値をもった製品が多いのですよね。

たとえばレコードプレーヤーやオープンリールデッキなど。

既に製造されていないので需要と供給のバランスが大きく崩れ、高額で取引されています。

ところがそういった知識のない買取業者は、「5年以上古いルール」を持ち込んで、高級オーディオ機器に二束三文の買取価格をつけてしまうのです。

悔しい思いをしないように、ぜひオーディオの買取は、オーディオ専門店にご依頼ください!

なお当店では日本全国のオーディオ価格の買取額を毎日チェックし、一番高い買取額をお付けしています。

もちろん相見積もりを取ってくださってOKですよ。

 

メールまたはLineで画像をお送りいただければ3時間以内に買取査定額をご連絡します。

オーディオ機器を売りたい場合は、お気軽にご連絡ください。

買取査定に出してみる

 

ライティングのポイント

  • SEO対策:【オーディオ 買取】をタイトルと見出しに自然にいれています。タイトルはSEO上最適とされる32文字に収めています。
  • 導線対策:買取サービス用記事であるため、買取へ誘導する導線を貼っています。
  • 価値提供:お店だから知っている専門知識を記事に盛り込んでいます。
  • 独自性:実際の経験を入れることで、オリジナリティを出しています。
  • 上記記事はサンプル文書となります。無断で転用されることはご遠慮ください。
  • 記事ボリューム:本記事の文字数は1300文字と軽めです。実際にはご要望に応じ、3000~5000文字の記事を承ります。
  • スピーカー写真(上)はオンライン上のものを使用させて頂きました:オーディオユニオン